THERAPY

English / Japanese

Under Construction

光源 エナジーメディテーションセラピー

─何をあなたにもたらすのか?

深い癒しをもたらすこの瞑想セラピーは、一人一人に眠る生命の根源的力を解き放ち、真の幸福と自由を自分自身と周りへ、そして地球全体、全生命に拡げることとなります。

 

 

─具体的に何をするのか?

全生命と共に呼吸を繰り返し、固定概念や感情などに囚われた自分を脱ぎ捨て、根源の力と融合してゆきます。光源アートに向かって瞑想し、絵から流れてくる神々の息吹に融合することで自分自身を癒すことも行います。光源瞑想セラピーでは、生命の根源の力からもたらされた瞑想法と聖なるレッスンを同時に行ってゆきます。

毎日の習慣: 毎日3分の光源 エナジーメディテーションセラピー

吐き出す息に、大地も天も、木々も花々も、太陽の光も海も・・・あらゆる生命の息も流れていることを感じましょう。
吸い込む息にも、地球全体を流れる風、宇宙の星々、小さな命も大きな命も、死する命も生まれゆく命も、あらゆる生命が流れていることを感じましょう。
繰り返し繰り返し、深く楽に、全ての生命と共に呼吸を続けましょう。

このとき、あなたの中には、怒りも、悲しみも、苦しみも、恐れも・・・何もありません。
あるのは、生命の力。
生命を発し、生命を受け入れる─
生命を与え、生命を与えられる─

自分自身があらゆる生命に生命の力を与える存在であると共に、あらゆる生命に生命を与えられる存在なのです。

一つの呼吸─
一つの鼓動─
この愛の営みに融け入り、自分がどこまでも拡がる愛の営み、神の営みであることを感じながら、呼吸を繰り返しましょう。

光源 エネジーメディテーションセラピー ワークショップ

毎月第1週と第4週、金曜日から日曜日にワークショップを行う予定です。沖縄中部の東海岸を望む丘の上にある《光源の園》での開催となります。

研修会の詳しい日程と会費等は後日ウェブサイトにてお知らせいたします。

 

研修コース

1日コース :金曜-土曜-日曜-月曜(振替休日の場合)のうち、ご都合の良い1日(例:土曜日)
2日コース:金曜-土曜-日曜-月曜(振替休日の場合)のうち、ご都合の良い2日(例:金曜と日曜)
3日コース:三日間連続:ただし出入りは自由。

 

ワークショップ概要

─「聖なるレッスン」:講義
目に見えるあなたの世界を包みこみ、養い、命を巡らす見えない世界を学びます。あなたの存在する真の世界の姿と構造を知ることは瞑想実践の成長における強固な土台となります。

 

─「融合瞑想」:実践
それはあなたの体、心、幻想、そして魂の鎧のすべてを取り除く方法を教えます。
あなたの存在は純粋な「聖なる意志」となります。
あなたは森羅万象の全てへと溶け入り、融合し、全てと一つになります。
創造と誕生、発し受け入れる、命の環の膨張する営みにあなたは参加します。

《自分を見失わないようにするために− 常に神からの栄養を受け取り巡らせる、神との呼吸。》

自分で自分を見つめていく。自分で自分を癒していく。それがメディテーションセラピーへの道 。

神と共にある自分自身を見失わない、聖なる自分を見失わないために− 。

 

あらゆる悩みや苦しみの原因は、見失うことによって起こります。

原因となっているものは幻想の渦に執着し、渦の中に留まり、そして自ら渦と化す。

 

人は神に育まれている。誕生の郷で育まれている− 。

 

あらゆる愛の重要性がこの地球に反映されていているのに、人はこの地上で互いに足を引っ張り合っている。

本来はここは満開になるはずでした。

命の花たちが全員咲き誇ることが、そしてその上にある太陽の花が、宇宙の花 が、ひとつの花びらとして満開に咲くはずだった− 。

ところが人は、互いの花が咲くのを邪魔し合ったり、羨ましがったり、または引っ張り合ったり、渦と化してど うしようもない状態に落ちていく。

 

はたしてあなたは、その中でどうやって苦しまずに済むのか?

渦に飲み込まれ、渦に覆い隠された状態では、いつまで経っても問題解決にはなりません。

そして人は、その状態になった時に苦しみ、心身の病を患うのです。

 

神から本来受ける栄養を巡らせ、発し受け入れ巡らす− 。

それに気づいた時に人は開花します。

しかしながら呼吸を止めた途端に、花は枯れてしまう。

常に神から離れず、共に呼吸を巡らすこと− 。

 

光源アートも神音も、常に繋がりを意識するための日常の必需品。ワークショップも同じこと。

神の息吹を巡らす状態 − 、あらゆる生命と呼吸・鼓動を巡らせる状態に常に保つこと。

 

では何故人間界が、神が作った花を咲く園で、互いを傷つけ引っ張り合っているのか?

どうして花が、花同士を傷つけ合っているのか

それは皆が私を見失っていること、つまり自分自身を見失っていることであり、力の使い方を忘れてしまっているために引き起こされるものなのです。

それは自分の力を、存在を、見失っている。

つまり自分は人間だと思って生きているけど、神から見れば「何もわかっていない」と− 。

自分は人間として生きていると思っているけども、実際はあなたはこれから誕生していくんですよ− と。

《自分を正しく誕生させる救いのメソッド》

自分を開花させる。 神なる花として開花させる。

光源メディテーションセラピーは、言わば《救済の道》です。

創造の父が与えた救済の道と瞑想の実践が土台となっている特別なセラピー なのです。

 

光源メディテーションセラピーは、アインが創造の父と出会い、父にもたらされてから 6年の歳月をかけて確立した《救いのメソッド》であり、自分自身を癒す《自己救済メソッド》でもあるのです。